結局盛り上がってますな ~東京2020~

始まるまではコロナの影響もあって観客を入れるのか入れないのか?招待客は?ホントにやるの?と色々不安不満が入り乱れてました。
私ひでじぃも開催するという選択肢しか持たない政府に違和感を感じていました。
やると言いながらそれに突き進んで行くような印象もなかったですし、どこか政府と東京都が一つにはなれていないと思っていました。

その流れで開幕した東京2020ですが、「なるようになるもんだな」と。
開会式については色々と当初からは変更や除外された部分はあるのでしょうが、楽しんでくれている海外からの参加者もたくさんいると思いますし、全世界が注目するイベントなので満場一致で大成功なんてありえないわけで、そもそも日本に批判的な国もあり、各国の中でも意見が割れるのは当然。
期間中の出来事に対して、外国人の方々が感謝や感動をSNSにあげてくれたりするとそれだけでも日本人として胸が熱くなります。

これを書いているのはスケボー女子で「もしかして表彰台独占か?」と盛り上がった翌日。
皆さん御存じの通りそれは叶いませんでしたが、最後まで自分のスタイルで勝負に行った姿は観ていて気持ち良かったですし、その姿に心動かされた人もたくさんいますよね。
しかもスケボーをはじめ今回新種目となった競技は割りと日本が強いようで、オリンピックだけじゃなくてそれ以外の大会でも今後注目したいです。

ところで、ひでじぃ的にはやっぱりオリンピックに対して不満もあるわけで、IOCとアメリカの某TV局が儲けるためにオリンピックが存在してる説とか、「ボイコットする」って言ってたことが無かったかのように、しれっと参加して何かとイチャモンつけてくる某国とか。
中国のオリンピックはアメリカと同盟国がボイコットも辞さないみたいな空気出してますが実際どうなんですかね? 
国同士は政治的に敵対してても、その舞台を目指して日々努力しているアスリートがたまたまその時の開催国が敵対する国だったとしても簡単に諦めることなんてできないと思いますし、「〇〇オリンピック委員会」で参加することになるのでしょうか?

それにしても、オリンピックからは話がずれるのですが、日本政府はイチャモンつけてくる国に対してはもっと強気に出てくれないでしょうか?
ある国は政府やメディアが反日を煽り、間違った情報も平気で垂れ流す。国民はある意味洗脳されています。
これはヘイトとかではなく、いろいろな方面から入ってくる情報をひでじぃなりにまとめると結局そういうことになりました。元々その国のことは好きだったんです。料理もおいしいですし。でも知れば知るほど嫌いになりました。
もちろんそんな国の中にも「日本が好きだ」「反日は間違いだ」という人もいます(もちろん親日国に反日国民というのもありますが)。しかしそういう国であることに間違いはないと思っています。
自分が困った時にはすり寄ってくるくせに、思い通りにならなければ日本のせいだ、誠意を見せろ、敬意を払えというような国と関わるメリットってなんなんでしょう?
今回も自国の水道の不衛生を棚に上げて福島県産の食材に偏見しか持たない。選手の健康を考えるのなら宣言通りボイコットすればよかったのに。水道もまともに整備できていないのに何が先進国だって話です。
日本政府も何かあれば抗議するだけ。それもやった時もやられた時にも便利に使える「遺憾だ」っていう曖昧な表現しか使いませんよね。
何度謝罪してもいずれ「謝罪がまだだ」「戦犯国が」ってずっと言われ続けるでしょうし、断交っていう選択肢はないのでしょうか?
ついでに「遺憾」っていう言葉を日本語から抹消して欲しいと思います。日本の態度をもっとはっきり示すためにも。

随分話しが逸れてまとめようもないのですが、数年に一度の舞台です。
アスリートの方たちには悔いのない戦いをして欲しいですし、訪れた外国人の方には少しでも日本を好きになって帰って欲しい。そしてその気持ちを色んな方面に発信してもらえたらと思います。

まだまだ競技は残っています。
この後どんな感動が待っているのか楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました