Highly Sensitive Person

皆さんは「HSP」という言葉をご存じでしょうか?

簡単に言うと、感受性が強く身の回りの色々なことが必要以上に気になってしまう人。
音や光や他人の何気ない言葉や態度。
普通の(一般的な?)人なら気にならないような些細なことが、人一倍感受性が強いHSPにとってはすごく気になったり心配になったり不安になったり傷ついたりします。

ひでじぃも最近知っただけのHSPですが、それが生まれ持ったものなのかこれまで生きてきた経験の中でそういう体質になって行ったのかはわかりませんが、少し前に知り合った人に「そうじゃないの?」って言われて、HSP診断とかやると結構当てはまって、ひでじぃ自身もHSPなんだと思うようになりました。

幼い頃は人見知りではありましたが普通に元気な子供だったと思います。
ただ、ひでじぃの記憶ではある地点から父親が怖い存在になり、距離を置くわけではないのですが父親とうまく話せなくなりました。
父親から見るひでじぃと他の家族から見るひでじぃは、同じひでじぃではなかったと思います。

学生時代は特に明るい性格というわけではなかったですが、普通に友達もいましたし、カーストで言えば上の下か、中の上ぐらい。勉強もスポーツもそこそこできて目立たないわけでもない、ぐらいのポジションだったと思います。
バイトもしたし、就職もして往復に何時間もかけて通勤して。
この頃までは極普通にふるまえてたような気もしますが、思い返すと就職するちょっと前にパニック障害が出てたんですよね。当時はまだそうだと理解していませんが。

そして最初のブラック企業辞めてからでしょうか。
実家を離れて、自分で生きていかなきゃならない。
なのに次の仕事探すのにすごく腰が重くて、働かなきゃいけないのはもちろんわかってますけどその先の先を想像してしまったり。
周りから見ると怠けてるだけなのかもしれませんが、本人は心配で不安で自信が無くて一歩が踏み出せない。
その後、結果的には父親がやってた自営業に逃げたのが、そういうのを克服できないまま現在にも影響しているのかも。
10年近く父親と一緒に仕事してましたが、それでも父親とはそこまで打ち解けることはなかったかなぁ。死んだときも喧嘩したままでしたしね。
怒りの感情を持ったまま別れて、次に会ったときはもう・・・って感じです。

その後の転職の経験から、大きな工場とかとにかく人が多い職場は無理っぽいんで、小規模でモクモク作業できるようなところがいいって思うとかなり選択肢が少ない・・・
パニック障害はほぼ克服できたみたいなんですが、やっぱり人目が気になるとか、人が多いってことは色々な個性が集まるってことで、苦手な個性に出会う確率が増える。
嫌な相手にも感情押し殺して振舞えるのが一般的な大人な対応かと思いますが、体調に影響出るぐらいのストレス感じてしまうんです。
解らない人にはうまく伝わらないかもしれませんけど、ホントに大変なんです。
「そういうのを何とかしなきゃならない」って解ってるだけに。

ただ、HSPにも長所はあって、色んな事に気が付くので検査とかは向いてる仕事かと思います。
心配性なので手を抜かないし。
実際そういう仕事は一人でモクモクとできたので、当然疲れはしますけどその作業自体はそこまでストレスは感じなかったと思います。
逆に接客とか他人と関わる仕事はやめといた方がいいみたい。
ひでじぃはそもそもコミュ障なので、接客にトライしたこともないです。

HSPさんが大多数っていう会社があればいいのにって思うんですが、あるわけもなく。
フリーランスとかノマドワーカーって、めっちゃ羨ましい。
若いうちから経験積んでいけばそういう選択肢もあったのにね。

って後悔しても取り返しがつかない残りの人生、どうやって生きて行こうか。
っていう課題に取り組む毎日です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました